日替わりコラム
感覚優先の生活
 第346回団体参拝練成会3日目、ご参加の皆様は奥津城参拝の後に、日時計主義の実践として絵封筒を楽しく描かれています。それぞれ思い思いに自分の感動した風景や花々を描かれ、顕斎殿にて大型スクリーンに映し、その喜びを共有いたします。どの作品も力作で素晴らしいの一言です。
 私も皆様に見習って事務所の机上にある、一輪挿しに生けられた紅葉を描きました。ノートの切れ端に筆で下書きをし、色塗りはパソコンで行いました。私にとっては高度な技術でしたが挑戦してみたらいがいと面白く出来ました。
 ちょっとした時間を生かして絵を描くと、イライラした心も落ち着いて、神様からいただいている真象を認め、心がとても豊かになります。今を生きるには五感をしっかりと使う事が大切です。集中して絵を描くことで感覚が優先され、とかくこころが未来や過去に引っかかってしまうのが、今に向けられます。
 練成会ご参加の皆様も、今を心豊かにすごし思い出を一杯作られ、教区に戻って誌友会などで日時計主義の実践をされる事と思います。

 神様の恵みに心振り向けて
 
文・写真:日向 光春10月21日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151