日替わりコラム
観光名所に行きました。
久し振りに長崎市の観光名所〔稲佐山〕に行きました。
稲佐山山頂に登る登山道を車でグルグルと回りながらようやく山頂に着きました。
山頂から眺める景色は正に絶景としか云いようのない眺望で、暫し時を忘れて眺めていました。
ここ長崎市の夜景は「日本三大夜景」の一つで、又、「世界三大夜景」の一つだと云う事だそうです。
「日本三大夜景」は函館・横浜・長崎ですが、「世界三大夜景」は長崎と香港それと・・・どこだっけ?もしかしたらマカオ?ロサンゼルス?んーん、忘れました。
今回稲佐山に行ったのは昼間だったので、残念ながら夜景を楽しむことは出来ませんでした。
でも山頂の展望台に長崎市の大きな夜景のパネルが展示してあったのでそれを見て「本当に綺麗だね〜」と妻と二人楽しみました。
ここでフっと野暮なことに(ドンだけ電力使ってるんだろう?)とよけいな事を考えましたが、それはそれとして夜景が綺麗なことには変わりありませんね。
でも、省エネは大切ですよね〜。
そう言うことで稲佐山を楽しんで展望台前のモニュメントを良く見ると、それはポルトガルから贈られた「450年の着物」と云う石の彫刻でした。
ポルトガルとの交流450年を記念して贈られたと云うことで、永い歴史を身近に感じることが出来ました。
このように世界中が交流して、何処とも仲良くしていけば諍いも戦争も起こらないのにな〜、と平和な時を楽しみながら考えた一時でした。
上の写真は展望台に展示してあった夜景のパネルで、下は今回撮った長崎市の昼間の写真とポルトガルから贈られた「450年の着物」の彫刻です。
文・写真:城戸 恒雄10月24日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151