日替わりコラム
何故か平戸?
今回又また平戸へ行きました。
何故かと云うと参拝したいと思いながらもつい通り過ぎてしまう神社があり、今回ばかりは是非参拝しなくてはと云うことで妻を誘い、平戸街道を走ります。
平戸大橋を渡り、目指す神社に到着いたしました。
平戸城の北虎口門を潜り、ゆっくり歩くとそこには樹齢400年を越える大きな槇の並木道が続き、なんとも云えない落ち着いた雰囲気が漂っています。
胸一杯に綺麗な空気を吸い込んで歩く先には、槇の大木に囲まれた静かな神社が顕れてきます。
ここは【住吉神社】と【宮地嶽神社】で一つのお社に合祀されています。
当然心を込めて参拝いたしましたが、今回の目的地はその先にある神社です。
広々とした平戸城の城域に堂々と聳えるその神社は【亀岡神社】と申し上げ、平戸市民の信仰を集める有名な神社です。
ここには参拝しなくてはと云う心がありながら何故か通り過ぎてしまい、申し訳なく思っておりました。
今回ようやく念願叶い参拝できましたが、様々な歴史の由来なども勉強出来てとても有意義な参拝でした。
観光地として有名な平戸城の城域に、喧噪とはかけ離れた神聖な神社が私達夫婦を暖かく迎えていただき、ただ感謝の合掌礼拝でした。
この城域には他にも【護国神社】や摂社・末社が多く祀られ神々の住まう神聖な雰囲気が満ち溢れておりました。
平戸城に足を運ばれた折には、同じ城域にあるこちらの境内へも是非足を進められ、心静かに御参拝下さるようお勧めいたします。
合掌・礼拝
写真は槇の並木と【住吉神社】です。
文・写真:城戸 恒雄11月4日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151