日替わりコラム
お饌米(せんまい)の袋詰め
 ここ2、3日はそれほどでもないのですが、数日前まで朝晩、冷え込んだからでしょうか、生長の家総本山の敷地内の木々の葉が色づき始めています。どこから見てもきれいです。

 さて、総本山では、神様にお供えをするお米、日本国内をはじめ海外の拠点にお送りしたり、練成会の参加者等にお分けする(ごく少量ですが)お米を作っています。今年は豊作で、昨年より約15%多くの収穫がありました。

 そして、昨日行われた龍宮住吉本宮練成会第5日目の献労で、お饌米(せんまい)の袋詰め作業が行われました。総本山祭務部、日向光春・部長によると、昨年は同じ時期に行われた献労で約8,000袋の袋詰めが行われたそうですが、今年の目標は1万袋なのだとか。参加者の皆さんは5、6名で座机を囲み、手際よく、各自で「ありがとうございます」「ありがとうございます」と感謝を込めながら、次々に袋詰め作業が行われました。

 献労の休憩時間にはおやつが振る舞われますが、今日のおやつは「ぜんざい」。皆さんの笑顔~(^_^)/~が一層、輝きました。

 そして、最後には見事、目標の1万袋を達成! ありがとうございま〜す!
文・写真:阿部 哲也11月6日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151