日替わりコラム
総本山に来て早くも半年
 6月1日付で総本山に転勤になって早、半年が経ちました。あっという間に過ぎてしまった感じがしまが、これまであまり実体験として感じる機会のなかった「自然の恵み」を堪能しながら、また、練成会などで参加者の皆様とともに教えを学び、教えに触れた喜びを共有しながら、毎日楽しく過ごさせていただいています。

 これまでは主に暑くなった、寒くなったという温暖の変化で季節を感じていましたが――もちろん今もそれは感じますけれども――季節によって姿を変える境内地の景観、植える、あるいは収穫する作物、それぞれの季節にあるお祭りの種類などによって、季節が移ろうことを如実に感じることができるのは本当に有り難いです。

 夏には梅、スイカ、しそを、秋には栗、大根、かぶ、赤カブ、山芋を、今月はみかんを収穫しています。今年のみかんは豊作です。6月にこちらに来てから、毎月の献労、あるいは献労農事課の日常業務で、公邸みかん園の草刈りをしてきました。あの夏の暑さの中で、大量の汗を流しながら草刈りをし、消毒(と言っても体に触れても安全なものです)をし、小さな実をつけたのを見て感動したのがついこの前のように感じます。

 みかんは人間だけが食べるのではなく、鳥やたぬき、むじななどの動物も食べに来ます。鳥がたべたものはそのまま残しておいてあげるのだそうです。

 写真下は、作業倉庫で発送を待っている「みかん達」です。
文・写真:阿部 哲也12月6日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151