日替わりコラム
煤払い
 12月9日に日頃お世話になっております社務所の煤払いを祭務部の職員で行いました。祭務部の職員は社務所をこよなく愛しており、社務所に入る時は神様の御懐に抱かれている思いが致します。神様に心をよせて真心込めて煤払いを行いました。

 高いところの作業は脚立を使い、隅々まで拭き浄めます。年末に行う社務所の煤払いを行うと、自分たちの心の垢も落とされる思いがして、とても清々しい気持ちが致します。今年も一年が終わるなと、しみじみと時の経つことの早さに驚きます。

 私は総本山に来たばかりの頃は高いところが苦手で、ハシゴに昇ったり、高い柱の上を歩いたり出来ませんでした。それでも毎回ハシゴを昇ったりしているうちに、無我献身の献労によって自己限定の心の殻が破れて、気が付けば高いところも平気になりました。「出来ない」と心に思っていただけで、決意すればいくらでも出来る事を学びました。

 顕斎殿・霊宮・道場・社務所とすべて無事に煤払いが行われました。神様のお護りに感謝です。気持ちよく新たな年を迎えさせていただきます。

 心込め煤払いして清々し

 
文・写真:日向 光春12月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151