日替わりコラム
何でこうなるの?
京都府の福知山市へ所用で出かけた折のことです。
予備の一日を空けていたため
「どうしようか?」
と云うことで
「東寺の立体曼荼羅を参拝しようよ」
と云うことになりました。
国宝や重要文化財の建物を見学し、目的の立体曼荼羅を拝観に講堂に足を踏み入れた途端、鳥肌が立つような感覚に襲われ、まさに仏様の世界に踏み入ったと実感いたしました。
〔大日如来様〕や〔薬師如来様〕と向かい合い、心静かに見つめていると世俗の煩わしさから解放されて、仏国土に救いとられるようでした。
暫しの時間【東寺】の静けさと仏様の世界を満喫し、さて、次はどうしようか?と云うことになり
「折角京都まで来たことだし、有名な【清水寺】へ行ってみようか?」
と云うことになりまして、市バスに乗り(清水道)のバス停で降りまして目指す【清水寺】へと向かいました。
歩き始めは人通りもそれほど多くなかったのですが、【清水寺】に近くなるにしたがって人が多くなり、ついには身動きもならないほどになり、まさに「ラッシュアワー」時の満員電車状態になってしまいました。
【清水寺】まであと300m位まで押し合い圧し合い進みましたが体力と気力の限界に達し「もうだめ〜ツ。止めようツ」と云うことになりまして、妻と二人踵を返しもと来た道を引き返しました。
テレビで見る【清水寺】は緑に囲まれた静かな雰囲気なのに、実際は観光客でゴッタ返すラッシュアワー状態の参道を抜けなければたどり着くことの出来ない、遠い存在のお寺であることを身をもって実感してしまいました。
今回は【清水寺】は断念しましたが、次に行くときは観光客の少ない時期を選んで参拝したいと心にきめました。
尚、今回はパソコン不調のため写真は付けませんでした。
文:城戸 恒雄12月14日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151