日替わりコラム
新年を迎えて
明けましておめでとうございます。総本山では、1月7日より今年最初の献労練成会が開催されております。私的な事では、干支の4周目(12・24・36・48歳)を迎えます。今年は、身近なところの決意から善を積み重ねるような年でありたいです。「われ一切のものを新にするなり」から  「黙示録」第二十一章第五節の「われ一切のものを新にするなり」は、「観世音菩薩業法経」にある「懺悔せんと欲せば端座して実相を観ぜよ、一切の業障は皆妄想より生ず、衆罪は霜露の如し、慧日能く消除す」という聖句の照応するところのものである。「端座して実相を観ずる」とは、神想観を実修して、「実相の我れ」の中へ超入することである。そのとき、「われ一切のものを新にするなり」であって、一切の業障も衆の罪過も、太陽の光にてらされた露の如く消えてしまい、本来の”神の子”なる神清浄、神無垢なる実相に蘇生ることができるのである。 谷口雅春先生著 『人生の秘訣365章』より
文・写真:川良 隆造1月9日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151