日替わりコラム
炭焼き準備始めました。
生長の家総本山では、環境保全の一環として炭焼きを行っています。
境内地の山林は自然のままに放置しておくと、樫や椎の木が巨大化してしまい、成長の遅い木を圧倒してしまいます。
その結果椎や樫の木が枝葉を大きく広げて地面に日光が入らなくなり、暗い森になってしまいます。
それを防ぐために間伐を行い森に日光を入れ、下草を生やし成長の遅い木の成長を促し健全な森に育てる協力を行います。
今回も献労練成会の献労と職員総出の環境保全活動で間伐を行って沢山の樫の木を伐り出しました。
伐り出した木はそのまま放置しておくと腐食して二酸化炭素を放出してしまいますので、1m位に切り炭焼きの原料として使用します。
今回も間伐と同時進行で1mに切り揃えて炭窯まで運びました。
後は炭窯の中に炭材を詰め火を入れるだけです。
27日から炭焼きを行います。
2日間は夜通し焼き続けます。
興味のある方は見学にお出で下さいませんか?
写真は1mに切り、立てて水気を抜いている状態の樫の木と、準備中の炭窯です。
文・写真:城戸 恒雄1月24日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151