日替わりコラム
真の悦び
前回掲載致しました境内地を境界する柵の工事も順調に進みまして、残すところ支柱の高さを調整する切り出しの仕上げの作業が控えています。完成しましたら、写真を後日掲載させて頂きます。作業して思う事は、屋外での作業は表面的には肉体作業に見えますが、自身に執着した我を忘れさせてもらえる絶好の時間であり、神の御心が流れ入る献労を実感出来ました。 谷口清超先生のお言葉から…『自我の殻が砕けるとき神性が現れる』 自我の殻が砕けるとき、神が自己となる。この「砕ける魂」こそが、真の自我であり、「そのままの心」であり、無条件信仰であり、一切の自己主張を超越している。従って一切のよきものが与えられ、腐敗の力で護られるという結果になる。即ち無恐怖の大安心が得られるのである。 谷口清超先生監修【人生の扉を開く(第二集)】90頁より。
文・写真:川良 隆造2月19日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151