日替わりコラム
立教84年
 平成二十五年三月一日は龍宮住吉本宮に於きまして生長の家春の記念日・生長の家総裁法燈継承記念奉祝大祭が執り行われます。この三月一日は生長の家立教84年の記念日であると共に、平成二十一年に総裁・谷口雅宣先生が生長の家総裁の法燈を継承された記念すべき日であります。

 創始者・谷口雅春先生は生長の家誌創刊号「『生長の家』出現の精神とその事業」の中で、

 『自分はいま生長の火をかざして人類の前に起つ。起たざるを得なくなったのである。友よ助けよ。同志よ吾に投ぜよ。』と、私たち信徒に切実に呼びかけられ、さらに『自分は必ず触れる者に火を点ずる』と、お約束下さいました。谷口雅春先生はこのご覚悟通りに、ご自分の身体をロウソクのように燃え尽きるまで、人類を愛され、世界を愛されて、行くべき道をお示し下さいました。
 
 谷口雅春先生最後のお言葉は、昭和60年6月13日午前3時30分 『病無し、迷無し、罪なし、これが生長の家の根本真理であります。それでは神様、只今より眠らせて頂きます』と同じ言葉を二回くり返されました。「病無し、迷無し、罪なし」最後まで真理のお言葉をお示し下り、私はこの御言葉が大好きで、練成会でも度々ご紹介させていただきます。

 立教84年の記念すべき日に、谷口雅春先生のご覚悟に思いを致し、生長の家の総裁を法燈継承せられた、谷口雅宣先生に中心帰一して、自分の魂に生長の火を灯してまいりたいと思います。

 受け継がれ生長の火よ世界へと

 
文・写真:日向 光春3月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151