日替わりコラム
祈り
 妻と散歩を楽しみながら、私の原点とも言える玉垣を見に行きました。現在、神官をさせていただき、自分の玉垣を眺めて、多くのご愛念に支えられ、生かされ、赦されて、今ある幸せがあるんだなと、しみじみと感謝しました。
 生長の家総本山の落慶当初、生長の家が大好きな母は谷口雅春先生の呼びかけに応え、借金してでも家族全員の献金を申し込みたいと決意しました。そして、家族の中から誰か一人でも、総本山のお役に立つ人間になって欲しいと願ったそうです。
 切なる祈りは必ず成就すると言いますが、神様の導きによって、赦されて、沢山のご愛念によって総本山の職員になり24年目の春を迎えました。学生時代に横道にそれ、非行の道に走って行き詰まり、生まれ変わりたいと総本山にやって来ました。「門前の小僧習わぬ経を読む」ではありませんが、総本山の恵まれた環境に身を委ね、いつしか神官までさせていただいております。
結婚20年になります。子供4人も恵まれ、長女は春から専門学校に通います。八方塞がっていても天は開いておりました。一寸先は光でありました。
 この幸せがあるのも、私の幸せを祈ってくれた両親の深い信仰のお陰です。これまでの人生、一杯赦されて、愛されて、支えられ、今日があります。玉垣を眺め、一杯愛情を受けた私です。今度は多くの皆様の幸せを心から祈らせて頂こうと決意新たにしました。切なる祈りは必ず成就することを信じて。

 玉垣よ初心忘れず今を生き
文・写真:日向 光春4月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151