日替わりコラム
産業廃棄物を運搬
6月28日長崎県は、昼間曇り時々小雨でした。この日の午前中は、練成道場の厨房・食堂・浴室をこの日当番の職員で清掃を行いました。午後は、施設管理部の仕事で、「矢敷環境保全」という長崎県大村市にある産業廃棄物処理施設まで、バイオマスチップボイラーから排出された焼却灰を処理するため、トラックで灰を運搬しました。法律で定められた方法(車両の両側に廃棄物運搬車両と分かる表示を貼り付け、運搬する事業所と持ち込み先の処理施設の詳細を記載した書類を携帯し、産業廃棄物処理マニュフェストを持参する)で、持ち込んだ灰は、先ず車両ごと計量機で重量を量り(初回計量1080s)、専用スポットで焼却灰を引き渡した後に、再度計量(980s)を行い持ち込んだ焼却灰の量を計量します。本日は、丁度100sの値が計量されました。※一番下段の写真は、計量中の様子です。
文・写真:川良 隆造6月29日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151