日替わりコラム
富士山の世界遺産登録おめでとうございます。
富士山と三保の松原が世界文化遺産に登録されました。
日本人として誇りに思います。
私が初めて富士山に登ったのは昭和45年だったと思います。
当時陸上自衛官だった私は静岡県の御殿場駐屯地で車両操縦の訓練中で、思い出作りの一つとして同僚隊員数名とグループを作り富士登山に挑戦しました。
五合目から歩き始め山小屋で一泊し明朝四時には富士の頂上に到達しました。
そこでご来光を待ち、雲の上に待ちに待ったご来光が現れた瞬間誰からともなく「バンザーイ・バンザーイ」の声が上がり私も大きな声でバンザイを叫んでいました。
心が清々しい感動で満ち溢れていたのを思い出します。
もう一つ思わぬ偶然が富士山頂でありました。
それは高校の同級生であったA君が「おい城戸」と声を掛けてきたのです。
びっくりしてそちらを向くと神奈川県警で警察官になっているA君ではありませんか。
彼も又思い立って富士登山をしたと云うのです。
偶然の再会を喜びながらお互いの健康とこれからの健闘を祈りながら別々の道を辿りながら富士のお山を後にしました。
あれから43年。
テレビに映し出される富士登山の様子はただただ呆れ驚くばかりです。
ズラリと並んだ人・人・人の波。
押し合いへしあい登る人々。
私が登った頃はある程度の人はいましたが、あんなラッシュアワーのような混雑はありませんでした。
世界遺産登録で人はもっと増えるかも知れませんが、富士と云うかけがえのない自然を大切に、労って護りたいものです。
そのためには5000円位の入山料も必要かもしれませんね。
なにはともあれ世界遺産登録おめでとうございます。
写真は富士山をデザインした記念貨幣2種です。
文・写真:城戸 恒雄7月14日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151