日替わりコラム
アメリカからの訪日団
 去る7月20日から22日まで、アメリカの訪日団合わせて26人が総本山に来られました。16日、17日の教修会へ参加されたのに続いて、宇治別格本山を参拝し、その後総本山に来られました。

 総本山にアメリカから訪日団が訪れるのはずいぶん久しぶりとのこと。私としては、3年間滞在していたハワイからの参加者をはじめ、懐かしい面々にここ総本山でお会いできるのを心から楽しみにしていました。

 海外の幹部・信徒にとっては、総本山に来るのは一生に一度の人も少なくありません。アメリカの皆さんのご要望に応じながら、皆さんに喜んでいただけるよう、総本山の職員一同、温かいおもてなしを心がけました。

 私個人はといえば、21日の早朝行事の先導では、神想観の実修を日本語と英語と両語で行いました。公式の場で人前で英語を話すのは3年ぶりであることに加え、住吉大神様のご神前はただでさえ緊張しますから、前の日はなかなか寝付けず、何度も目を覚ましてしまいました。が、本番は滞りなく先導することができて、ホッとしました。

 また皆さんは、22日に行われた謝恩祭(谷口雅春先生の11月22日のお誕生日にちなんで毎月22日、み教えのご恩に感謝してみ祭りが執り行われています)にも参加されましたが、雅なお祭りの中に、本質をつかまれたようで、皆さん感動を口々に表現されていました。私は、司会の通訳をさせていただきましたが、お祭りの中の言葉なので、『Truth of Life』(英語の月刊誌)の編集長である鶴田昌世・北加教区教化部長に見て頂いて臨みました。

 食事では、総本山で採れたナス、カボチャ、しいたけ、キュウリ、トウモロコシ、そしてスイカも提供したところ、皆さん、大喜び! 「良いところでお仕事されているんですね〜」と色々な方から言われました。はい、良いところでお仕事をさせていただいています。

 写真は、ハワイの伝道員のお2人と家族で奥津城で撮影してもらったものです。お2人とも80歳を過ぎておられますが、ますますお元気で、時々iPadを使って電子メールで近況を知らせてくれます。
文・写真:阿部 哲也7月26日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151