日替わりコラム
数日前、総本山の全体作業の中で玉砂利敷きの献労を行いました。神域の所々には玉砂利の少ない場所があるので新たに玉砂利を入れました。よく神社や庭園などには玉砂利が敷き詰められていますが、玉砂利があると神域がより神聖な雰囲気になります。

今回は社務所周りと顕斎殿の正面に敷きました。玉砂利を増やすことで歩きにくくはなりますが、玉砂利の上を歩いていると「ジャリ、ジャリ」というあの独特の音がします。歩く度に「ジャリ、ジャリ」という音がして、何とも心が鎮まり浄まったと感じる人もいるのではないでしょうか。

玉砂利にはそういった神域を清浄に保つ意味があるのでしょう。

皆様がいつもすがすがしい気持ちでお参り出来るよう神域を清浄に保ちたいと思います。沢山の方のご参拝をお待ちしております。
文・写真:竹嶋 裕之9月3日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151