日替わりコラム
 私は、コーヒー派です。事務所では毎日数杯飲みます。インスタントコーヒーも飲みます。今日も普段の通りコーヒーの粉をカップに入れ、お湯を入れてかき混ぜる。ここでふっと疑問が湧きました。それはかき混ぜるときの音です。最初に低い音でカランカランと鳴っているのが、混ぜるに従って段々音が高く鳴っていきます。何で高くなるのか?ふっとそんな疑問が湧きました。そして、すぐにコップがお湯で暖められたから、高く鳴っていくんだと勝手に結論づけましたが、どうもしっくり来ません。
 こんな時はインターネットを利用すると便利です。確かな答えでなくても、私自身が納得出来る答えがあれば良いのです。
 そうして調べてみると、どうも水(お湯)の中に溶けていない不純物(この場合はコーヒーの粉)がある間は、高音がこの不純物に吸収され低音だけが響き、かき混ぜると共にこの不純物が溶け込んで減っていくことで、高音になっていくという回答でした。この回答が正しいかどうかはわかりませんが、私的には納得しました。ふと、こういうどうでも良いことに疑問を持つのも何となく面白いと思いました。
文:錦織 義記9月7日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151