日替わりコラム
地元の人たちとの交流
昨日、龍宮住吉本宮宮浦神饌田抜穂祭が執り行われした。地元西彼町に宮浦という地区がありますが、普段から地元の宮浦の人たちとはお付き合いがあり、秋季大祭では稲霊俵や新春では総本山の注連縄を作成して頂いています。

毎年宮浦のお田植祭、抜穂祭を執り行っていますが、宮浦の方の話によると、今年は例年にも増して豊作で30年来の出来映えであると言っていました。確かに稲がいつもより輝いてたわわに実っているように見えます。(写真は宮浦神饌田の稲穂です)

抜穂祭が執り行われた後、恒例の直会があります。
地元の皆様との触れ合いの絶好の機会でもあります。この直会をしていると地元の方々の支えがあって初めて総本山は成り立っていると実感させられます。

多くの人たちの支えに感謝してこれからも業務に励もうと思う瞬間でもあります。
文・写真:竹嶋 裕之9月23日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151