日替わりコラム
雪が降りました。
先日・21日に私の自宅のある西海市大瀬戸町雪の浦にささやかながら雪が降りました。
雪国では2mを超える積雪で苦労をされていると云うことですので、何か申し訳ないような雪の降り方です。
思えば日本は南北に長く季節感にあふれて幸せですよね。
先日パソコンでインターネットを検索し、水の関連を調べましたところ、世界中で水不足の所が拡大していると云うことでした。
特に○○では砂漠が拡大し、緑地の減少と干魃により三万本もの河川が消失し、南の大河から北の大河へ水を引く事業を計画しているとのことです。
それには何と8兆円ものお金がかかるそうですが、計画通りの水量確保は難しいそうです。水の確保は大切ですがそのお金を森林保全や植林事業に使えば綺麗な水や空気が増え、農地は豊かになり、美味しい水が行き届く素晴らしい世界が出現するでしょうね。
テレビではアフリカで砂漠化した土地に一人の青年が穴を掘り、堆肥を入れて草や木の種を蒔き緑地にしようと努力した結果、最初は無駄な事だと誰も協力しなかったのに、いつの間にか二人三人と協力者が現れ、30年後の今ではサッカーグラウンド30面分の森が回復したと報道がされていました。
又、これも情報の受け売りですが、日本の商社が将来の食糧不足に備えてブラジルに20万ヘクタールの農地を確保したそうです。
その農地に大豆を植える計画だそうですが、その大豆を全部人間が食べるのではなく、牛や豚等の飼料として供給する計画だそうです。
そのために森を切り開き、生態系を破壊することに心は思い至らないのでしょうか?
アフリカで砂漠化を止めた青年の話を聞くにつれ、一人から行動を起こしこの地球環境を護ろうと心に決めました。
雪の降った自宅近くの山で自然の恵みに感謝した一日でした。
文・写真:城戸 恒雄1月24日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151