日替わりコラム
永遠生き通しの生命
 2月になりました。少しずつ春が近づいて、総本山の蝋梅(ろうばい)も咲き始めました。香りが豊かで心までも豊かになります。寒い日が続いていても、自然界は少しずつ変化しており、寒さに負けず花を開かせてくれます。
 当たり前のことですが、今年咲く花は今年の花で、昨年の花ではありません。まっさらの美しい花が毎年開きます。樹齢何年の梅の木でも、咲く花は新しい花を咲かせます。永遠生き通しの生命をいただいた私たちも、生まれ変わりながらまっさらの新しい花をさかせ、無限に生長する神の子を今日も明るく生きています。
 1月末に父の一周忌のため、長野県に帰省して来ました。早いもので父が亡くなって一年が経とうとしています。目を閉じると、いつもニコニコしていた父の顔が今でも浮かびます。今は何をしているのだろうかと、時々思います。心の中で父を呼ぶと、何だか身近に感じられます。昨年、妻が心臓患って大きな手術をした時は、何度も何度も父を呼んで、助けを求めました。呼ぶたび毎に、心の安らぎをいただいてました。私はハッキリと思います。父は今も生きていて、私たち家族を守ってくれている事を。感謝の思いで涙が溢れます。いっぱい いっぱい 愛してくれてありがとう。
 父はあの世において、まっさらの花を咲かせて、こちらにいた時と同じように、ニコニコと明るく周りを盛り上げてることでしょう。父から受け継いだ生長の家を、私はしっかりと受け継いで、永遠生き通しの生命を真心こめてお伝えさせていただきます。

 まっさらの梅の花びら輝いて

 
文・写真:日向 光春2月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151