日替わりコラム
踏切・車は通れません。
平戸市田平町に【木本神社】と云う神社があります。
【木本神社】と書いて【きのもとじんじゃ】と読みます。
佐々町から平戸市へ向かう途中の右手に鳥居が見えるのですが、そこへ行く道がわからなくて、素通りばかりしていたのですが、今回・行けそうな細い畦道を見つけて車をそちらへ向けました。
松浦鉄道の線路をはさんで向かい側に鳥居が見えるのですが、踏切は車両通行止めで向かい側に渡れないのです。
仕方がないので車を置いて歩いて行くことにしました。
フト、足下のガードを見ると、それは古い線路を再利用したガードレールだったのです。「これ、おもしろいね。」と妻と語り合いながら線路を越えて【木之本神社】へ向かいました。
鳥居から拝殿までの参道は綺麗に掃き清められて、清々しい空気が溢れていました。
神社の周囲は水田と山林で人家はほとんどないのに、こんなに綺麗に保たれているなんて、本当に大切にされている神社なんだな〜と、感じ入ったひとときでした。
御祭神はどなたか、案内はありませんでしたが、ありがたさがヒシヒシと伝わる神社でした。
文・写真:城戸 恒雄3月14日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151