日替わりコラム
再生エネに熱心な「アップル」のCEO
「アップル」といえば、「誰もしないことをして世界を驚か」せ続けたスティーブ・ジョブズが創業した会社として有名ですが、現在のCEO(最高経営責任者)ティム・クック氏がCEOに就任してから、同社の施設で使用する電力のソーラー、風力、水力、または地熱で発電した割合がナント1/4から3/4に拡大し、この動きに反対する勢力を一蹴したという話が下記のサイトに載っていました。

http://wired.jp/2014/03/03/cook-climate/?fb_action_ids=525658110880351&fb_action_types=og.likes

 施設内の電力の75%を再生エネルギーで賄うなんて素晴らしいですね。アメリカは土地が沢山あるし、砂漠もあれば、風の強い地域も沢山あるから“やる気”にさえなれば、いくらでもできるのでしょうね。

 政府レベルではなかなか進んでいませんが、2月25日付の『The Japan Times』には、ネバダ州の砂漠地帯に世界最大のソーラー発電所が稼働し始めた、というニュースが載っていました。規模はなんと400メガワット。14万世帯に送電できる電力だそうです。音声のない動画がありました。なかなか圧巻です。

http://www.youtube.com/watch?v=0wVXgGTrPro

文:阿部 哲也3月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151