日替わりコラム
 早いもので今年も四月になり、桜の季節になりました。境内地にも桜の花がたくさん咲きましたが、もう散り始めています。今年の桜は、三月下旬に急に暖かくなって一日でパッと咲き、一週間もしないうちにハラハラと散り始めました。いつもは写真をたくさん撮って満喫しますが、今年は撮る間がありませんでした。

 江戸時代の国学者である本居宣長の和歌に、桜を詠んだ有名な歌があります。「敷島の大和心を人問はば 朝日に匂ふ山桜花」これは「日本人の心とは如何なるものかと人が問うならば、私はこう答えよう、それは朝日に美しく映える山桜の花のようにうるわしいものである」という意味だそうです。

 桜は、日本人が古来から最も愛した花です。桜の花には気品があり、純粋無垢で優雅な雰囲気もあります。また、散り際の美しさも、何ともいえないものです。この歌の情景を想い浮かべると清々しく、心が洗われるような気持ちになりました。四季折々、様々な風景を織りなす豊かな自然は、人の心も美しく豊かにしてくれるのだと思いました。

文・絵:前田 智子4月5日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151