日替わりコラム
自然は愛の導き(ゴミが自然界に捨てられる事は我の導き)
長崎県も少し暖かい日が続いていますが、掲載した写真のように秋を思わせるような落ち葉です。これも美しい自然の有り様かもしれません。また、総本山周辺では、道路工事中に誤って、海に落としてしまったと思われる工事用の進路表示に気がついたので、掲載することにしました。その理由は、海に沈んだゴミを見るのは残念な気持ちでいっぱいです。現実にゴミを見ていると、改めて自然を愛する事の素晴らしさ、与える悦びを社会へ発信していく事の大切さを強く感じる事が出来ました。谷口雅春先生著『幸福を招く365章』より「何が神のみちびきであるか」  心に催して来るところのどの考えが神のみちびきであるのだろうか。唯一つしか催して来ないならば問題ではないが、ああもしたい、こうもしたい、どちらが神の導きだろうかと迷う場合に、自分の我の迷いと、神の導きとを区別する指標は何処にあるのだろうかと尋ねられることが往々ある。それを見分ける指標となるのは斯うである-----神は全ての全てであるから、全ての幸福のためにとて発案されるものは神の導きである、自分だけの利益のためにと発案されるものは、我の導きである。愛の導きは神の導きであり、我欲の導きは迷いの導きである。自分が計画しても故障が起って面白く行かないものは神がそれを引き止めるものと知れ。 204ページより  ありがとうございます。
文・写真:川良 隆造4月19日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151