日替わりコラム
菖蒲
 今年は花の咲く季節が早まっているように感じます。菖蒲の花も咲き始めました。例年は6月に咲きます。地球温暖化を感じます。菖蒲の花がイノシシさんに荒らされ、咲かなかった年もありました。今年はキレイに咲いてくれて有り難いです。菖蒲にも「咲いてくれてありがとう」と声を掛けます。声をかけた自分が嬉しくなります。自然と共に生かされて、今自分がここにいることが有り難く嬉しく思えるのも、御教えをいただいたお陰ですね。

 「ただ有り難い」と念ずることが生長の家の座禅であり、念仏であるのである。座禅しておるときだけが座禅ではない、神想観するときだけが神想観ではない。仏の自分であり、仏の世界であると、わからせて頂いて、ただ有り難くなって、「ただ有り難い」と感謝しているとき、行住坐臥其処に仏が動いているのである。

 谷口雅春先生著「叡智の断片」の一節です。「ただ有り難い」何がなくとも「ただ有り難い」祈っている時も、立ってる時も、座っている時も、食事している時も、眠っている時も、仏のいのちが動いている。「ただ有り難い」を忘れると不満が出て来ます。一期一会「ただ有り難い」を忘れずに今を生きる。

 菖蒲咲くただ有り難く我拝む
文・写真:日向 光春5月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151