日替わりコラム
梅雨にあれこれ思うこと
昨日から第362回団体参拝練成会が始まりました。多くの方が各地から参加されるのに、足下が心配でしたが、梅雨の最中にありながら、昨日は雨が上がり、時には青空がのぞくような有り難いお天気を頂きました。むせ返るような緑に包まれ、山々も光り輝いています。

道場の玄関先の緑のカーテンのゴーヤはようやく蔓を伸ばし始めて、葉っぱと黄色い花が風に揺れ、練成会に参加される方を喜んでお迎えしているようです。

ところでゴーヤの花をよく見ていると雄花ばかりであることに気がつきました。まだまだ3ミリほどの小さな蕾も全部観察したのですが、雌花はないようなのです。このままでは、今年はゴーヤが食べられないのではないかと心配になり、インターネットで調べてみました。

すると、親蔓を1メートル位で摘芯し、子蔓も葉っぱが5枚から8枚ほど出たところでまた摘芯し、孫蔓が出てきたらそこに沢山の雌花がつくと書いてありました。気温も関係あるようで、もう少し暑くなったら、雌花が沢山つくらしいです。今年もゴーヤを食べられそうで、安心しました!

団参は今日が2日目です。午後には、境内地の草を刈って発酵剤と混ぜて踏み固めて堆肥を作る献労もあります。私の担当は刈った草の山に乗り、踏む固める役のようです。適材適所とでも言うところでしょうか。さあ、団参の皆様と一緒にしっかりと献労したいと思います。
文・写真:林 光子6月20日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151