日替わりコラム
肉食を止めて
私はあることがきっかけで、それまで普通に食していた牛肉と豚肉を食べることを止めました。
 そのあることとは、2006年に「肉食と世界平和を考えるU」というテーマのもと開催された、生長の家教修会を受講したことでした。
教修会とは総裁先生から直接ご指導をいただける生長の家講師の研鑽を行う場ですが、平成18年は上記のテーマでした。教修会は2日間開催されますが、受講した発表でいわゆる「肉」がどのように処分され提供されているかに大変ショックを受け、心の中で決めたことが今後肉食は止めようということでした。
 肉食をしないことは家内は理解し協力してくれると思ったのですが、子供たちにまで強要するつもりはありませんでした。家内にとって牛肉と豚肉を利用しない料理を作ることはレパートリーが減り大変なことです。また、子供たちに別メニューで牛肉と豚肉を利用した料理を作ることも大きな負担となります。その後、我が家では鶏肉と魚を利用した料理のみとすることが自然と了解され、提供されるようになりました。 
 今では、肉食を止めて8年経過し、不満なく鶏肉と魚のみの料理を食べています。
 肉食を止めて私自身の大きな変化は身体に現れました。肉食をしていたころはよくジンマシンが出ていたのですが、最近はまったく出なくなりました。また、身体の内部の状態が良い傾向に変化していることも実感しています。身体の中が浄化されていることが顕かに感じられるようになりました。
 私も来年で還暦となるため、今後も肉食をしないことを続け、肉食を止めることが世界平和につながることを認識して生活していきたいと思っております。
文:財津 光明6月24日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151