日替わりコラム
はちみつ
 近くの直売所に行くと、地元の野菜やくだものや魚が販売してあります。新鮮で安価なのでよく利用しています。この前は、はちみつを買いました。はちみつにも色々な種類の花の蜜がありますが、この辺りはみかんの産地なので、みかんの花の蜜が多くあります。みかんの味がするわけではありませんが、花の種類によって味が違うのは確かです。

 パンに塗ったりヨーグルトにかけたり酢の物に入れたり、いつもなにげなく使っているはちみつも、よく考えるとあの小さな小さなみつばちが、花から花へと飛び回りせっせせっせと集めてくれたのもを、人間がいただいたものです。スプーン一杯のはちみつは、いったい何匹のみつばちが何回運んだのだろうかと思います。

 まるで人間が、みつばちから蜜を横取りしているようにも思えますが、みつばちにとっては、人間が住む場所を与えてくれ、外敵から守り大切に育ててくれるから、種の保存と繁栄がなされているともいえます。みつばちの働きのお陰で、植物は受粉し実や種を残すことができます。自然界の生かし合い与え合いの世界の一端が、はちみつに含まれているように思いました。植物さんみつばちさんありがとう。大切に味わって、感謝して頂きたいと思います。
文・絵:前田 智子6月25日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151