日替わりコラム
雅楽研修
祭務部では現在、2日〜4日の3日間、雅楽の先生をお迎えして雅楽研修を行っています。前回までのコラムで雅楽器の笙、篳篥、龍笛をご紹介しましたが、雅楽器にはその他、打楽器として太鼓・鞨鼓(かっこ)・鉦鼓(しょうこ)、弦楽器として、琴・琵琶があります。この三管両絃三鼓の楽器編成で演奏するのを「管弦」といいます。龍宮住吉本宮では人数の関係もあり、普段の祭典で三管両絃三鼓で演奏するのは難しいのですが、この研修の時はそれぞれ楽器を用意して指導を受けています。

何事も練習を積み重ねることが大切ですが、やはり独自に練習していると我流になってしまいます。一年に一度先生からご指導を頂き、雅楽の伝統を正しく引き継いで行きたいと思います。

文:竹嶋 裕之8月3日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151