日替わりコラム
滝に打たれて
 子供達は夏休みです。とても暑かったので、つがねの滝に泳ぎに行きました。今年はじめての泳ぎです。毎年1回は行ってます。心躍らせてつがねの滝に到着しましたらビックリです。長雨のせいなのか、滝の水量がはんぱな量ではありませんでした。自然の力のすごさを思い知らされました。
 「自然と共に伸びる運動」は、まず自分が自然に近づき、理解することと思い、今年も負けずに滝に打たれてみました。ものすごい水圧にたたきつけられました。自然とは時に厳しく、これが自然なんだと、自然の力のすごさを全身でかみしめました。そして、禊ぎとは身をそぐ肉体の否定であり、滝に打たれながら「肉体はない」と心の内に叫びました。とても清々しい気持ちになりました。
 その滝に打たれている姿を冷静に妻が見つめていました。「恥ずかしいからやめて」の一言。確かに滝に打たれているのは私だけでした。家族とも調和し、自然とも調和し、明るく楽しくこの夏もすごして行きたいです。

 滝打たれ神の子目覚め新生す
文・写真:日向 光春8月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151