日替わりコラム
人生学校
昨日で、第364回団体参拝練成会も大盛況のうちに終わりました。ご参加の皆様と日々総本山へ心をお寄せ下さっている皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございます。先週のコラムで紹介した小学生たちも9月25日〜26日まで修学旅行へ行っておりました。正直、小学生時代の修学旅行の思い出は、断片的で楽しい記憶しか思い出せません。思い出というものは、実に業の集積で創られた総集編のような印象を受けるのです。それは、書き直しの出来ない作品であり、そのペン先は、今の瞬間に絶間なく走っていて、作品の善し悪しは、自分の生き方で決定するからです。生長の家で説く”人生学校”物語の一幕の主人公として、今後も精進致します。 谷口清超先生監修【人生の扉を開く】より 「人が何かよい物を作り出そうとするならば、そこにいのちをかけなければならない。真心をそそぎ込むのだ。真心のこもった仕事は、愛がなくてはできない。仕事を愛し、人を愛し、国を愛しているとき、なすことに真心がこもるのである。こうして愛の結晶としての傑作がうまれる。」合掌。
文・写真:川良 隆造9月29日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151