日替わりコラム
稲刈り
 総本山に来て2年4ヵ月が経ち、色々な献労をさせていただいてきましたが、あまりしたことのなかったのが稲刈りです。稲刈りは通常、団体参拝練成会の献労の時間、参加者から数十人を選抜して行うため、私はその時間は別の献労の担当をしているからです。

 ところが今回は、抜穂祭の日に雨が降り、お祭は顕斎殿で行われ、その次の団参では2つあるうちの1つの神饌田(針木谷(はりきだに)神饌田と言います)のみ稲刈りが行われ、もう一方の重岩(かさねいわ)神饌田の方が残ってしまっていたため、10月3日の献労で行われました。前日は雨が降っていて少しぬかるんでいましたが、朝から秋空が広がり、絶好の“稲刈り日和”になりました。

 重岩神饌田は、今年初めてできた神饌田で、かつては菜園だったところを今年の春に田んぼにしたものです。作業を担当した造園業者の方によると、かつて菜園だったところは土が肥えているため、とてもよく実るか、土が肥えすぎるため、うまく育たないかのどちらか、とのことでした。結果は「前者!」、とてもよく実ってくれたのでした。

 献労前に参加者全員で『大自然讃歌』を読誦して、自然のみ恵みに感謝を捧げて、「ありがとうございます」「ありがとうございます」と感謝の言葉を唱えながら刈っていきました。

 ここで収穫されたお米は練成会の参加者等に「御饌米」としてお分けしています。
文・写真:阿部 哲也10月16日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151