日替わりコラム
秋季大祭
 11月になりました。11月は秋季大祭の月です。平成二十六年十一月二十一日、斎主 生長の家総裁・谷口雅宣先生・白鳩会総裁・谷口純子先生が祭祀され、第三十七回龍宮住吉本宮秋季大祭が執り行われます。この秋季大祭に於いて、龍宮実相世界の本源なる天之御中主大神・高御産巣日神・神産巣日神の鎮座の儀が執り行われます。谷口雅宣先生によって、新たに三柱の神様が龍宮住吉本宮に御勧請されます。私ども神官・神舞姫もご顕斎が総裁先生によって滞りなく行われるように、日々精進させていただいております。

 生長の家総裁・谷口雅宣先生は、昨年の秋季大祭における「谷口雅春大聖師御生誕日記念式典」ご挨拶のなかで、生長の家大神は宇宙本源神の別名であると確認された上で、『古事記』では天之御中主神が宇宙本源神であり、次いで高御産巣日神、神産巣日神が現れることをご紹介下さいました。この二柱のご神名に含まれる「ムスビ」の働きは、自然界の最も顕著な特徴であり、現代社会に最も欠けていることの一つであるとご指摘され、二柱の神のお働きである「ムスビ」を会員が意識して、ご加護とご指導を頂きながら、信仰と生活の両面で自然と共に伸びる生き方≠実現していくことを呼びかけられました。このご提唱を受け、新たに三柱の神様を龍宮住吉本宮にご祭祀申し上げる事となりました。

 平成二十七年度からの団体参拝練成会に於いては、龍宮住吉本宮に鎮まります、この宇宙本源神なる天之御中主大神・高御産巣日神・神産巣日神の造化三神を参拝し、「ムスビ」のお働きを会員が意識し、ご加護とご指導を頂きながら「自然即我」「我即自然」の自覚を深め、信仰と生活の両面で自然と共に伸びる生き方≠実現し、人類光明化運動・国際平和信仰運動さらには自然と共に伸びる運動を、明るく、力強く、邁進して、神・自然・人間の大調和せる地上天国を実現させていただく決意を新たに致します。総本山の新たな出発です。皆様のお越しをこころよりお待ち申し上げております。

 身を浄め新たな神をお迎えす


 
文・写真:日向 光春11月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151