日替わりコラム
秋季大祭が近づく
 龍宮実相世界の本源なる天之御中主大神・高御産巣日神・神産巣日神のご顕斎に向けて準備が着々と進んでおります。今、この瞬間に祭務部の神官としてお仕事をさせていただける悦びを日々感じます。神様に赦されて、ご顕斎に向けた有り難きお仕事が与えられていると思ったら、身の引きしまる思いが致します。とにかく我を出さずに、神様の御心が顕れるように、無我になって、真心を献げることを意識しご奉仕させていただいてます。
 
 そこで感じた事は、今目の前のお仕事に、些細なことでも全力を出しているか、自分に問いかける事が大切な事に気が付きました。神官のお仕事は繰り返しが多いです。礼拝ひとつをとっても、慣れてしまい、繰り返していると真心を忘れてしまいます。聖経を読誦していても、上の空になっていないか、真理の言葉一つ一つをかみしめているか、ご顕斎に向けて初心に戻れた気がします。今与えられた全ての事を素直な心で受けて、全力を出す、真心を出す。いい加減にやっているかは自分が一番よく知ってます。その積み重ねによって秋季大祭が迎えられると思いました。神の子はどこまでも生長なんですね。

 今を生き 一歩一歩に 真心を
文・写真:日向 光春11月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151