日替わりコラム
心のクセ
 2月になりました。寒い日がまだ続いておりますが、自然界は少しずつ春が近づいているようです。梅の花が咲き始めました。私は厳しい寒さのなかでも力強く花咲かす、梅の花が大好きです。
 
 今年の目標である「ゆっくり・ていねい」を心がけて一ヶ月生活させていただいき気付きました事は、私はペースが早いと言う事です。せっかちなのか、ゆっくり・ていねいだと少しイライラしてしまいます。会話でもゆっくり・ていねいを心がけて話しますと、いつの間にか早口になってしまいます。仏前で先祖供養している時でも、聖経のスピードがゆっくり・ていねいではない。感覚優先の生活を心がけてはいますが、つい意味優先の生活になってしまいます。

 心のクセってなかなか治りません。私たちは一時も休むことなく何かを思ったり・考えたり・感じたりして生活しています。マザーテレサは、まずちょっとした思考に注意しなさいと仰られました。それがいつしか自分の運命になるのです。日時計主義の生活を教えていただきながら、ちょっとした思考に注意していないと暗黒面に心が引っかかり、光明面を見ることを忘れてしまいます。ムスビの働きに意識していないと、対立の方向に心が向いてしまいます。

 今此処に感謝ですね。日々読誦30章経の一節に、絶対者と一つになる最高の神想観はただ一つであり、「我が内に 神が今此処にそして天国が今此処にあり」とあります。今此処天国にいながら、感謝の心を忘れてはいけませんね。ゆっくり・ていねいに、今此処に感謝です。

 神の子は 心操る 主人公
文・写真:日向 光春2月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151