日替わりコラム
あれから30年
 綾小路きみまろさんではありませんが、「あれから30年」、結婚して30年経ちました。
 家内と最近話すことは、「お互い空気みたいだね」ということです。
空気は普段その存在を意識せず、あまり感謝することなく吸っていますが、無くてはならないものです。そのような思いからの会話です。年を取れば取るほど、家内がいなくては生きて生きないというのが、私の最近の心境です。

 総裁先生は「日々の祈り」の中の「魂の半身」を讃美する祈りで次のように書かれています。途中からですが、

 ああ魂の半身≠諱Aあなたは私の人生の協同構築者です。私はあなたの人生の協同制作者です。あなたは私の神性・仏性の共同開発者です。私はあなたの神性・仏性の協同表現者です。歌に作詞家と作曲家が必要なように、私の神性開発には私とあなたが必要であり、あなたの神性表現にはあなたと私が必要です。それは作詞家に何かが欠けているのではなく、作曲家に何かが足りないのでもありません。二人の芸術家がそれぞれの得意な分野で能力を発揮することにより、個々の表現とは別次元の新しい芸術を生み出すのと同じです。私とあなたはそれぞれに神性・仏性を宿していながら、互いの表現を共通の場に重ね合わせることにより、別次元の新しい人生芸術を構築していきます。私はそんなあなたを尊敬し、神の子として礼拝します。

この先生のお言葉を忘れることなく、家内に感謝しつつ人生を重ねていきたいと思っています。
文・写真:財津 光明4月4日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151