日替わりコラム
入学とは出会い
この春、私の子供達も高校と中学へ入学しました。父親としては、是非それぞれの学校の校則や校風を、定められたサイズのカンバスに例え、そのカンバスに絵を描くような気持ちで、青春を表現してくれたらと、思うわけであります。入学に比べ入社となるとお給料を貰う訳ですから、その責任にグレードは上がりますが、人との出会いは同じで、どちらも、人生の宝であると思うのであります。  谷口清超先生著『輝く日々のために』より 「画家は描くことに悦びを感ずるから描くのだ。音楽家が音楽を奏でるのも、弾くことが悦びだから弾奏する。人生は総合的な表現芸術であるから、この人生を創作し発表し表現するのはまさに「悦ぶため」である。何もしないでいるとかえって苦痛となる。何でも力一杯、よろこんでやらなくてはならない。」
文・写真:川良 隆造4月9日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151