日替わりコラム
自前で
 私の部署は施設管理の業務を行っていますが、先日、家族寮プロパン庫フェンスの金網が破れ、子供たちが怪我をする恐れがあるので対処して貰いたいとの連絡が入りました。 当初は部署の職員、私を含めた4人でフェンス全てを撤去し、檜間伐材を利用して作り替えるという、壮大?な計画を立てたのですが、現地でフェンスを見ると、金網が破れているのは一部であること、フェンスはアスファルトの上に建てられているので、職員で全て撤去するには大変な手間が掛かる事が判明しました。
急遽計画を変更し、破れている金網のみを撤去し、間伐材をすでに建っているフェンスの鉄の支柱に取り付けることとしました。鉄と木製品の融合したフェンスとなりました。
 作業工程としては製材している檜間伐材板荒材を電動カンナでカンナを掛け、必要な長さに切断し、3回ほど防腐材を塗布します。
 2枚目写真のフェンスの間伐材板材は、加工場に組み合わせ加工までプレカットして貰った板材です。防腐剤の塗布だけ行いました。
その後、、ドリルでフェンス支柱鉄部に穴を開けた所にビスで板を留めていきました。延べ10日間ほどで完成しました。
見た目については、第三者がどう思うか分かりませんが、当分は持つであろうと思っています。
文:財津 光明5月4日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151