日替わりコラム
拝む
 6月になりました。本日より第411回龍宮住吉本宮練成会が開催されます。選ばれし神の子の皆さまが集い、神性が開発され、明るく楽しく練成会が開催されます。菖蒲の花も力一杯咲き誇り、皆さまを祝福してくれてます。どうぞお越し下さいませ。
 練成会の基本はなんと言っても合掌「ありがとうございます」と尊い神の子の生命を拝み合う事です。練成会参加者同志がすれ違う度に拝み合います。拝む私も神の子で、拝まれる相手も神の子で、拝み合う姿が本来の姿なのです。
 様々な悩みや問題を抱えて来られた方も、神の子は神の子であり、その素晴らしき神の子の生命を拝ませて頂きます。太陽はいつも輝いています。確かに地球の側からみたら曇って太陽が見えない時があっても、上空はいつも輝いています。迷いの雲も、雨となって降ってしまえば雲はなくなり、太陽が輝きます。
 ある信徒の方がこんな事を教えてくれました。いつも拝みなさいと言われるけれども、どうしても拝めない人がいて、その方が心に引っかかり、何とかしようと思うけれども拝めなかったそうです。腹立つ心で腹立ちを抑えてもおさまりません。余計に引っかかって腹が立ってきます。私もよくありました。腹立たない心、神の子に目覚めれば腹立ちもおさまります。その時に、拝むとは「己我無」である事に気が付いたと言います。己の我が無くなったときに自然と素直に拝めるものです。我が顔を出すから拝めないのです。無我になったらスーッとして拝めたそうです。
 練成会にご参加下さるお一人お一人の尊い神の子の生命を拝み、素晴らしき練成会にしてまいりたいと思います。

 ただ素直 拝む神の子 輝いて


 
文・写真:日向 光春6月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151