日替わりコラム
「朝日舞」奉納
龍宮住吉本宮では毎月22日、11月22日の谷口雅春大聖師ご生誕日に因んで謝恩祭が執り行われています。とりわけ昨日の謝恩祭では、御神前で初めて「朝日舞」という舞が奉納されました。これまで祭典で奉納される舞は神舞姫が舞っていましたが、この朝日舞は神職の舞ということもあり、龍宮住吉本宮では初めて神官が舞を奉納しました。神舞姫さんが舞う舞とはまた違った趣があり、男性的な勇壮な舞です。朝日舞は明治天皇の御製をもとに作られた舞で、その歌詞は次のようなものです。

さしのぼる 朝日のごとく さわやかに
持たまほしきは 心なりけり

目に見えぬ 神に向かひて 恥ぢざるは
人の心の まことなりけり

写真の榊は舞人が舞う時に手に持つもので、白い輪っかは鏡をあらわしているそうです。
この御製にあるように朝日のようなさわやかな心を目指したいと思います。
文・写真:竹嶋 裕之8月23日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151