日替わりコラム
お田植え祭
 昨日、団参2日目の午後、神饌田に於きまして「お田植え祭」が滞りなく行われました。天候にも恵まれて、御祭りの後には練成会参加者の皆様によって田植え献労が行われました。
 2月17日顕斎殿にて行われた「祈年祭」にて神様の祝福をいっぱい受けた「稲種」が、土と水と日光の惠を受け、神様のムスビの働きによってスクスクと育ち、皆様の真心によってお田植えされました。美しき瑞穂の国日本を感じます。
 日本書紀では、天照大御神が孫にあたるニニギミコトの天孫降臨の際に、葦原中国を治めるにあたり、五大神勅(神様の命令)を授けました。天皇陛下もきちんとこれを遵守されております。その神勅のなかに、『斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅』があります。 吾が高天原に所御す斎庭の穂を以て、亦吾が児に御せまつるべし。  <訳> 我が子(直系の代々の天皇)に高天原にある神々へ捧げる為の神聖な稲穂を作る田んぼで出来た穂を与えますので、これを地上で育て主食とさせ国民を養いなさい。
 この、神様のお許しいただいた稲穂を、今も変わることなく受け継がれ、御祭りが執り行われ、真心込めて稲作が行われております。神・自然・人間の大調和せる世界が、益々実現することを心から祈念します。

文・写真:日向 光春5月21日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151