日替わりコラム
六月晦大祓
六月晦大祓が昨日執り行われました。全国から送られて来た大祓人型が神様の浄化の火によって焼かれ、生長の家信徒の皆様の全ての業が浄まり、本来神の子の生命が輝き顕れて、神・自然・人間の大調和の世界が実現してまいります。天気藍は雨でしたが、大祓が行われる直前に不思議と雨が上がり、無事に焼納が終わりました。新たな気持ちで7月がスタートです。
 碧巌録に「魚行きて水濁る」との言葉があります。意味は、魚が泳げば水が濁るとの事です。私たちの日々の行いが業となり、自分のかけがえのない人生の道になります。ごまかしはききません。行動してもなんにもならなかったとしても、善き行いはいずれ自分に帰って来ます。日々の積み重ねがその人の雰囲気となり、類は類を呼び、類でないものは反発する。これこそが運命を切り開く鍵です。生命が浄まった神の子として、日々をていねいに、神・自然・人間の大調和の実現に向けて明るく邁進致します。

 浄まりて日々真心で愛を生き
文・写真:日向 光春7月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151