日替わりコラム
ムスビの働き
 献労練成会参加者と職員とで、秋季大祭に向けて提灯棚作りの献労を行いました。写真は私の家族の玉垣写真です。もう何年も前になりますが、その時も提灯棚作りの献労をしていましたら、自分の玉垣を発見し、とてもビックリした事を思い出しました。母に電話で訪ねたら、谷口雅春先生の呼びかけに応え、家族みんなの献資をしてくれたそうです。さらに、その時誰か家族の中から一人でも、総本山のお役に立ってくれたらと、フト思ったそうです。
 この玉垣は私の原点であり、不思議な力に導かれ、総本山での今があります。多くの皆様とのご縁結ばれ、導かれ、今があります。ムスビの働きに感謝して、心を込めて提灯棚作りの献労をさせていただきました。
 提灯棚作りはひたすらヒモを結びます。結んで結んで柱を立てます。しっかり結ばないと柱がグラグラします。結びながら、神様ともしっかり結ばれないと人生がグラグラするなと思いました。あらゆる機会が学びですね。練成員と職員の結びが結集し、秋季大祭には明るい提灯が灯ります。ムスビの御光が輝いて、秋季大祭は素晴らしい。

 真心の ムスビの光 輝けり
文・写真:日向 光春11月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151