日替わりコラム
実相がアル
 写真は、総本山の菜園で作っている白菜です。白菜とは思えない位に、虫さんに食べられました。よくぞここまで食べてくれたと思うくらいに食べられました。自然と共に伸びる野菜作りを心がけ、無農薬・有機栽培を行っていますと、思うように行かないことも多々あります。自然は優しくもあり、厳しくもあり、すべて学びです。

「大自然讃歌」には、
 生物は殺し合いではなく、生かし合いと棲み分けによって多様な生態系を築き上げしこと、とあります。

 虫さんとも、生かし合いと棲み分けを行い、折り合いをつけて、多様な生態系を築くことが神様の御心に叶います。今度、白菜を作るときは、知恵を出し合って作りたいと思いました。

 白菜の食べる部分はないものかと、白菜の皮をむいて行ったら、芯の部分だけは残りました。その時に、実相がアルと思いました。我の殻がむかれ、本来の実相が顕れたと、みんなで喜び合いました。どんなに食べ尽くされていても、芯なる実相はアル。有り難きメッセージを頂きました。

 食べられて 神の芸術 顕れた
 
文・写真:日向 光春11月11日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151