日替わりコラム
無限生長
 平成29年も残すところ後わずかとなりました。明日は冬至です。一年で一番昼が短く、夜が長い日です。この日から運気も上がると言われますが、生長の家は毎日が有り難く最高で、運気も心次第で、いくらでも上がります。常に神様を忘れずに、神様にお任せしていれば、一見悪くなったように見えようとも、人生何があっても有り難くピンチがチャンスに変わります。今年も一年間、神様のご加護とお導きによって素晴らしい年となり、生長させて頂きました。心から神様に感謝です。

 平成29年の出来事で忘れられない出来事は、スズメバチに2回刺されたことです。7月に左手、8月に右手です。左右バランスがとれて良かったね。良かったけれども、一番は生きてて良かったです。2回刺されて分かったことは、自然と共に伸びる生活は、時に厳しい面があることです。生かし合いと棲み分けによって生物多様性は守られています。スズメバチにとっては、私の存在が脅威であったのです。スズメバチとも折り合いをつけながら、共に生長して行きたいです。

 『生命の実相9巻 霊界編上』P128には、霊界からのメッセージで次のように説かれています。

 霊魂の進歩は自己自らの体験によって獲得した知恵によるのである。人はただ自己が経験したことのみを本当に知るのである。経験しないものは「であろう」にすぎないのである。

 進歩とは経験することです。失敗をおそれていては生長しません。スズメバチに刺された経験も、今となっては有り難い経験で、進歩です。平成30年も、五感をしっかりと使って、様々なことに挑戦し、経験し、無限生長の道をあせらずに一歩一歩進んでまいりたいと思います。

 護られて 無限生長 神の子は
文・写真:日向 光春12月21日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151