日替わりコラム
大切なもの
 9月になりました。秋はお月様がキレイですね。満月を眺めていますと、心が洗われる思いがいたします。常日頃、お月様のようにまん丸の心で、すべてと大調和し、明るく生き生きと生活したいものです。
 
 8月29日に、地元の神社であります「下岳神社」で毎年行われている「龍神祭」に参列をさせていただきました。炎天下にもかかわらず、多くの皆様で賑わっていました。昨年建て替えられた神社はとても素晴らしかったです。

 龍神祭は江戸時代末期の1857(安政4)年、大村藩の命により同郷で新田を開発した祝いに浮立が奉納されたことが始まりとされています。五穀豊穣や家内安全を願い、同郷や龍神祭保存会の皆様が毎年8月29日に執り行っております。

 参勤交代を模した浮立は、なぎなたや挟み箱などを持った男衆が「ここからお江戸は300里、はだしで道中なるものか」などと掛け声を上げながら下岳神社を出発。子どもたちも太鼓やかねの音を元気いっばい鳴らしながら列に続き、片道約800メートルある市杵島神社までを往復します。 沿道には見物客も繰り出してお祭りムードに包まれました。

 160年以上も変わらずに、守り続けてこられた伝統の素晴らしさを感じました。「龍宮住吉本宮」の御祭りも、約40年受け継がれてまいりました。100年後も1000年後も、変わらずに受け継がれ、神様の栄光がますます輝いて行くことを信じ、精進して行きたいと思いました。

 受け継がれ 神の栄光 輝きて

 
文・写真:日向 光春9月1日

制作・著作 宗教法人「生長の家」総本山
〒851-3394 長崎県西海市西彼町喰場郷1567
TEL 0959-27-1155 FAX 0959-27-1151